マヌカハニーに含まれる有効成分

pixta_18484791_S

マヌカハニーには多くの有効成分が含まれている

身体に良い効果があるといわれ、人気があるマヌカハニーですが、ではいったいどのような成分が含まれているのか。
まず代表的な成分として、ユニーク・マヌカ・ファクター(UMF)と呼ばれる、抗菌作用を持つメチルグリオキサール(MGO)があります。
これに加え、通常のはちみつと同じく、ブドウ糖やビタミン、アミノ酸が豊富と高い栄養価を持っています。

MGOの効果とは

マヌカハニーに特に多く含まれているMGO。ではこれにどのような効果があるのか。
いくつか効果がありますが、まずは抗菌作用です。
MGOには強い抗菌作用があり、口の中の虫歯や歯周病の原因となるミュータンス菌を減少させると言われています。

次に抗炎症作用があることが知られています。
そのため、風邪などで喉がはれて痛い時に食べる事で、のどのはれ対策にもなります。
また、インフルエンザ対策にもおすすめの食品です。

MGO以外にも豊富な成分

マヌカハニーはビタミンやミネラル、アミノ酸を多く含んでおり、風邪などの病気の時に栄養を補うことができます。

マヌカハニーには美容効果も

マヌカハニーは食べるだけではなく、肌に塗る事で美容にも良いといわれています。

肌に少量塗る事で、肌を清潔に保ち、保湿するとも言われ、マヌカハニーに含まれるアミノ酸やミネラルが肌に浸透しやすくなると言われています。
塗り過ぎはいけませんが、肌トラブルに悩まれている方は試してみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ