マヌカハニーにだけ含まれるUMFとは

pixta_12709121_S

UMFとは

マヌカハニーは他のはちみつと比べて、優れた抗菌効果を持っていることをニュージーランドの著名な博士が発見しました。そしてこのマヌカハニーの優れた抗菌効果の要素の事をユニーク・マヌカ・ファクター、略してUMFと呼ばれるようになりました。

ニュージーランドで生産されるマヌカの花から集められたはちみつの中でも特にUMFが多く含まれている物は他のマヌカハニーと扱いが異なり、「アクティブマヌカハニー」や「UMFマヌカハニー」と呼ばれ、現地でも重宝されています。

貴重なアクティブマヌカハニー

UMFの値の表示はいくつかの種類があり、この数値が大きいほど多くのUMFが含まれている事を表しています。
このUMFの値は人為的に調整することが出来ず、ニュージーランド産のマヌカハニーのうち2割ほどがアクティブマヌカハニーと言われています。

しかし、このUMFの抗菌効果に注目が集まるにつれて類似品や効果の薄いもの、果ては偽物まで出回るようになってしまったため、ニュージーランドの専門機関によって管理を徹底されるようになりました。

UMFの効果とは

ではUMFが含まれているとどのような良い事があるのか?

優れた抗菌効果があるため、ピロリ菌に対して普通のはちみつのおよそ8倍の力を持っているといわれています。

UMFの数値の大きいものを選ぶ

UMFの効果を大きいものを選ぶ事でより高い効果を期待でき、さらに無添加100%の天然はちみつのため、副作用の心配もなく、安心して食べることができます。
しかし、いくら身体に良いものだからといって、取り過ぎてしまっては逆効果になってしまうこともあるので、適量を守って食べるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ