マヌカハニーの食べ方

pixta_18528319_S

マヌカハニーのパワーを最大限に引き出すには

マヌカハニーの優れた抗菌作用、殺菌作用を最大限に引き出すためには、食べ方を工夫することが大切です。
普段の食事と一緒に…これがダメということではありませんが、よりパワーを発揮できるよう、摂り方に工夫してみてください。

まず、マヌカハニーは直接口に入れてゆっくり溶かすというのが基本の食べ方です。
口の中でゆっくり溶かすとそこから食道、胃へとマヌカハニーが流れていきます。

マヌカハニーは非常に濃厚なので、喉、食道、胃の粘膜をしっかり覆って傷ついた粘膜を保護してくれます。
ですので、マヌカハニーを口に入れた後にすぐに水を飲んで流し込んでしまうのはお勧めできません。

空腹時と就寝前がお勧め

量は1回あたりティースプーン1杯程度が理想です。
これを1日3回程度試してみてください。
特に喉が痛いときや、風邪の症状があるときは、もう少し回数を増やしましょう。

口に入れる時間帯ですが、空腹時が良いと言われています。
これは胃の中が空っぽの状態の方がマヌカハニーの作用をしっかり引き出すことができるためです。
食事の30分から1時間前がおすすめです。
また、就寝前にもティースプーン1杯摂取すると、睡眠中にマヌカハニーが充分に働いてくれます。

直接食べるのが苦手な方は

マヌカハニーは通常のはちみつよりもにおい、味が独特です。
そのため、そのまま口に入れるのが苦手という方もいるでしょう。
このような方は、他の食材と組み合わせて食べやすくしてみましょう。

はちみつと相性のよいものなら何でも構いませんが、もっとも簡単で美味しく飲めるのは紅茶に加える方法です。
紅茶に混ぜることで、においがなくなりますし、味もまろやかになり、一般的なはちみつとの違いも分からなくなります。
他に、ヨーグルトやパンなどのトッピングも相性が良いですので、試してみてください。

マヌカハニーは自然食品なので、基本的にいつ食べてもいいですし、どのような食べ方をしても大丈夫です。
においや味が苦手な方は、無理をしてそのまま口に入れると楽しく続けられませんので、食べやすくなるアレンジをしてみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ