ピロリ菌予防にはマヌカハニー

pixta_13959987_S

マヌカハニーの効果

マヌカハニーにはメチルグリオキサール(MGO)と呼ばれる抗菌作用を持つものが含まれています。この抗菌作用により、身体の中の悪性細菌を減少させ、身体を健康に保ってくれると期待されています。

この抗菌効果のほかに抗炎症作用や抗ウイルス作用もあるため、のどのはれやインフルエンザの予防にも良いと言われています。

マヌカハニーはピロリ菌に対して効果があるのか

ではマヌカハニーの抗菌作用はピロリ菌に対しても良いがあるのでしょうか。

通常のはちみつであっても抗菌作用があるため、若干の効果は期待できるのでしょうが、ピロリ菌を弱体化させるためにはかなりの濃度が必要です。

しかしマヌカハニーは通常のはちみつの7倍ほどの抗菌作用を持っているため、少量を摂取するだけで、ピロリ菌の増殖の抑制を助けるといわれています。

ピロリ菌以外に効果は

ピロリ菌に対して高い効果があることは分かりましたが、ほかの細菌に対してはどうなのでしょうか。
口の中にいるミュータンス菌という虫歯の原因になる細菌にもアプローチするといわれており、細菌を減らし、虫歯を防ぐ事を助けてくれると言われています。
また、腸の中の善玉菌を増やし、腸内環境が改善されるために、下痢や便秘が改善する事もあるようです。

マヌカハニーの副作用とは

高い効果が期待できるマヌカハニーですが、摂取しすぎは体調が悪くなってしまうこともあるようです。
はちみつも糖分を含んでいるため、過剰摂取は高血糖を引き起こしてしまうこともあります。

また、はちみつ全般にいえる事ですが、はちみつには微量のボツリヌス菌が含まれていることがあるため、腸内細菌が整っていない幼児や乳児には食べさせないようにしましょう。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ