胃に優しいマヌカハニー

Man suffering from stomach pain

マヌカハニーの効果とは

マヌカハニーには抗菌効果のあるメチルグリオキサール(MGO)と呼ばれるものが豊富に含まれており、これによってさまざまな効果が期待できます。また、MGOは抗菌効果だけでなく、抗炎症効果をもっているため、皮膚やのどのはれを抑えてくれる効果も期待できます。

なぜ胃に優しいのか

マヌカハニーがなぜ胃に優しいのか。
それは抗菌効果と抗炎症効果の二つが主に関係しています。
まずは抗菌効果で胃の環境を荒らしているピロリ菌やバクテリアなどの細菌対策になります。
これによって胃炎の原因にアプローチできると言われております。

次に抗炎症効果で荒れた胃の改善のサポート役を果たしてくれます。さらにはちみつに含まれるビタミンやアミノ酸によって、胃の環境の改善に一役買ってくれます

胃だけではなく腸にも優しい

マヌカハニーは胃だけではなく腸に対しても優しい食品です。
腸では善玉菌と悪玉菌がいて、悪玉菌が増えすぎてしまうと下痢や便秘などの症状になってしまうことが多く、最悪の場合は大腸がんにかかってしまうこともあります。
マヌカハニーを食べる事で悪くなった腸内環境の改善をサポートすることができます。

つまりマヌカハニーを食べる事で胃腸の調子の不安を和らげてくれる可能性があるのです。

胃腸以外の効果

マヌカハニーを食べると胃腸以外にも良い事があります。

口内炎や虫歯のところに塗ったり食べたりする事で、口内炎の原因となるウイルスの減少をサポートしてくれたり、虫歯菌を減らすという事も言われています。

マヌカハニーの効果が気になる方は一度実感してみてはどうでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ