保存方法はどうすればいいのか?

pixta_13232750_S

長期保存が可能なマヌカハニー

マヌカハニーは、一度にたくさんの量を消費するものでなく、毎日少量ずつ食べるというのが一般的なので、保存期間や保存の仕方が気になる方も多いかもしれません。
未開封なら長期保存も問題なさそうですが、一度封を開けてしまったらどうなのだろう?と疑問に思いますね。
実は、マヌカハニーは開封、未開封に関わらず、長期保存が可能な食品です。
ですので、開封したから早く消費しなければ!などと慌てる必要はありません。

なぜ長期保存が可能なのかというと、マヌカハニーは高い殺菌作用があるためです。
殺菌作用が高いということは、外部の菌を寄せ付けないということです。
マヌカハニー自体が菌を寄せ付けないものなので、雑菌が繁殖してカビが生えたり品質が落ちるなどの問題が生じないのです。

常温保存でも品質は変わらない

保存する際は常温保存が基本です。
はちみつは気温が下がると固まる性質があります。

マヌカハニーも同じく、低気温下だと固くなってしまうので、冷蔵庫でなく常温で保存してください。
冬場は地域によっては、常温保存でも固まって使いにくくなるかもしれませんが、その場合は温かいお湯にしばらく浸けるとまたやわらかくなり扱いやすくなります。

ただし、電子レンジで加熱すると加熱しすぎてマヌカハニーに含まれる成分が壊れてしまう可能性があります。
一般的なはちみつに比べて、マヌカハニーは熱や光に強い性質を持っていますが、やはりはちみつははちみつですので、加熱のし過ぎには注意してください。

結晶ができても問題ありません!

開封後に年数が経過すると、次第に結晶ができてしまうことがあります。
しかし、この結晶はマヌカハニーに含まれる花粉などの成分が結晶化しているだけなので、品質的には問題はありません。

マヌカハニーは基本的に保存が面倒な食品ではありません。
開封後も長期保存が可能で、品質の劣化の心配もないため、非常に扱いやすいです。
そのため、まとめ買いをしても、少しずつ消費しても何の問題もなく口に入れることができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ