マヌカハニーと普通のハチミツはどこが違うの?

pixta_18483682_S

抗菌活性力に優れたマヌカハニー

マヌカハニーははちみつの一種です。
そのため、マヌカハニーと一般的なはちみつとで何が違うのか分からないという方もたくさんいるでしょう。
一般的なはちみつと比べると、マヌカハニーはかなりお値段が高くなっています。
しかし、値段が高いのは、それなりの理由があるのです。

まず、マヌカハニーは一般的なはちみつよりも、抗菌活性力が高いことが分かっています。
抗菌活性力というのは、体の中の菌をやっつけたり、菌の繁殖を防ぐ力が高いということです。
通常のはちみつと比べるとおよそ8倍もパワーを持っていると言われています。
はちみつも非常に体に良い食品ですが、その8倍の力を持っているのですから、マヌカハニーが注目を集めているのも当然の結果と言えるでしょう。

マヌカの木から採れるのがマヌカハニー

マヌカハニーはニュージーランドに自生するマヌカの木に咲く花から採れるはちみつです。
マヌカの木はニュージーランドにしか存在していませんので、この点も一般的なはちみつとは異なる点です。
レンゲやアカシアなどはここでしか咲かない!という花ではありません。
そのため多くのはちみつを生産することができます。

しかし、マヌカの木に咲く花は、ニュージーランドでしか咲かない花であり、さらに春というひとつの季節にしか花を咲かせない種類です。
そのため採取できる期間が限られていて、価値も高くなっているのです。

におい、味は好みが分かれる

マヌカハニーに秘められたパワーが強いこと、そしてたくさんの量を作れるはちみつではないこと・・・この2点が一般的なはちみつと大きく異なる点です。
味やにおいに関しては、一般的なはちみつよりもクセがあって独特な印象があります。
そのまま口に入れると濃厚すぎると感じたり、においがキツイと感じる方もいるようですが、その場合は紅茶と混ぜて飲んだり、料理に加えるなど、その他の食品と組み合わせることでにおいや味のクセが取れます。

しかし、反対に、マヌカハニーの独特のにおいや味が好きという方もいますので、この点は好みが分かれるところです。
また、口には入れずに外傷に塗ったりフェイスパックとして使うこともできますのでアレンジが自由にできます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ